交通事故 [事例21]

後遺障害14級獲得で弁護士介入前提示額から約2.5倍に増額

30代男性
主な症状損害賠償額
脛骨高原骨折 110万円→290万円

背景

対向の加害車両が右折にて路外に出ようとしてきて、Aさんが運転しているバイクに衝突したものです。

加害者側保険会社から賠償金の提示が出たので、妥当かどうかを知りたいということでご相談にいらっしゃいました。

対応

相手保険の提示後からの介入です。

Aさんは、当事務所介入前にすでに14級9号の認定を受けていました。この後遺障害等級を争うことは難しいと判断できましたので、14級を前提に金額の引き上げ交渉に専念する方針としました。

加害者側保険会社は通常、後遺障害部分は自賠責保険金額をそのまま提示してくることがほとんどですが、本件は、後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料を別途提示してきており、保険会社の中では良心的な提示でした。
しかし、やはり素人相手の足元を見た提示であることに変わりないため、適正な賠償金を求めて交渉していきました。

結果

当事務所介入前の提示額からは多少上昇しましたが、まだ上昇余地があると考えられましたので、再度交渉をしていったところ、慰謝料は赤い本の9割、逸失利益は当方請求額の満額にて解決することができました。

ご依頼後すぐに請求書を作成し、それに対する相手保険の対応もそれなりに早かったので、ご依頼から1か月程度でのスピード解決を図ることができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-033-229 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-033-229
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ