支店長弁護士インタビュー

船橋支店長 千葉県弁護士会小野寺 豊希弁護士

泉総合法律事務所 船橋支店長、小野寺豊希(おのでらとよき)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

駅からのアクセスが良く、安心してご来所いただけます

――― まずは、船橋支店についてお聞かせください。船橋支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりや、道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

JR船橋駅北口を出て初めの大きな十字路を右折すると、すぐに事務所に着きます。
駅から近いだけでなく、道も分かりやすいのが特徴です。

駅前なので交通量が多少ある道ではありますが、来所までに横断歩道を渡ったりする必要もありません。
安心してご来所いただけるかと思います。

事務所の目の前に民間の駐車場もありますので、お車でご来所いただいても大丈夫です。

船橋駅北口は、駅前にデパートなどもありますが、賑やかな南口とは違って少し穏やかな雰囲気です。
事務所の近くは、天沼弁天池公園という少し大きめの公園もあり、静かで落ち着いた街並みが続きます。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

ビルのエレベーターで3階に降りていただき、右に曲がると泉総合法律事務所の入り口が見えます。
ドアを開けて右手が相談室です。

相談室は3名までお入りいただけるので、ご家族で相談に来られたい方にも対応できます。

 

お客様のお話を「きちんと聞く」ということを強く心がけています

――― 小野寺先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。レスポンスを早めるために心がけていることや、フットワークの軽さ、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために心がけていることなどをご紹介ください。

裁判所などに出かけていたり法律相談に対応しており、お電話をいただいてもすぐには出れない場合はありますが、そのような場合でも席に戻り次第、なるべく早めにレスポンスすることを心がけています。

最近は依頼者様との連絡においてもメールを使うことが多くなりましたが、メールの場合も休日等を除いて、なるべく1日以内にはお返事するようにしています。

さらに、当事務所には債務整理・交通事故などの分野ごとに、弁護士と協力して業務にあたるパラリーガルがいますので、簡単な質問や進捗の確認などはパラリーガルからお答えすることもあります。

また、法律相談の際にはあまり難しい法律用語は使わないように心がけています。
法律用語はやはりわかりにくいですし、依頼者様は初回相談時には緊張している人も多いですので、なるべく平易な言葉で説明をして、きちんとご理解いただけるよう努力しています。

 

――― 法律相談で、ご相談者様と接する際、先生が大切にしていることや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みをご紹介ください。

「法律事務所」や「弁護士」に対しては、「難しそう」とか、「怖そう」というイメージがあると思います。そのため、困ったことがあっても、法律事務所に相談に行くにはハードルが高く、また思い切って法律相談に行っても、なかなかうまく喋ることができなかったり、逆に喋りすぎてしまう依頼者様もいます。

だから私は、法律相談のときには、お客様のお話を「きちんと聞く」ということを強く心がけています。ごくシンプルではありますが、それが私が弁護士の仕事の中で特に大事にしていることです。

また、当事務所では多数の事件を扱っており、さらにその経験を事務所内で共有しているので、私を含めて所属弁護士は、他事務所に比べて多くの経験を積むことができています。
事件解決にあたってはそのような経験を活かし、依頼者様のためのベストな選択を探っていきたいと思っています。

 

――― 小野寺先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションとなっているものをご紹介ください。

依頼者様の心の負担を軽くするということをモチベーションにしています。

弁護士に依頼するとき、依頼者様は既にトラブルに巻き込まれていて、不安・心配な状態にあります。弁護士が介入することで、少しでもその不安・心配を減らしていくことをモチベーションとして頑張っています。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

たとえば最近、貸金業者や債権回収業者の中には、時効期間が経過しているはずの債務の支払を求めて裁判を起こす業者があります。適切に対応して時効を主張すればそれで解決するところ、これを無視していたので判決が出てしまい、時効援用できなくなったという事例がみられます。

訴えを起こされた時点で弁護士に相談していればごくスムーズに解決できたはずであり、早期相談は重要であることがおわかりいただけると思います。

そのようなことからも、困ったことがある場合は、まずは一旦、なるべく早めに相談することをおすすめします。

 

――― 最後に、お聞きします。小野寺先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

法的解決には、幾つかの選択肢が存在する場合が多いのですが、その中でどの解決が最も適切かは依頼者様が置かれた状況やご意向などによって変わってきますので、依頼者様との協議によってベストな方向性を定め、それを前提として、理想的な解決を目指したいと思っています。

同時に、依頼者様の心の負担を軽くするために何をすればいいかということを考えながら事件に取り組んでいます。

どのような結果になるかというのはもちろん大事ですが、それと同じくらい、「どのような過程」で結果に辿り着くのかも重要だと考えています。

依頼してもらうことで、少しでも依頼者様の負担や不安を減らせるよう、できる限り努力しています。

 

――― インタビューは以上です。小野寺先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-033-229 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-033-229
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ