交通事故 [事例2]

主婦だからこそ得られた金額400万円

40代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、背部挫傷、腰部挫傷、右肘挫傷、両下腿挫傷、左足関節捻挫 約400万円

背景

Aさんは、信号待ちに停車中、酒気帯び運転の加害者車に追突され、受傷しました。加害者は、保険会社に連絡する間もなく警察官に逮捕されてしまったため、保険対応が開始されず、Aさんはとても困っていました。そんな中で、Aさんは弊所に来所されました。

対応

加害者は酒気帯び運転にて追突したことから、刑事事件として逮捕されてしまっていました。そこから、加害者には国選弁護人がついていることが明らかとなり、同弁護人と連絡を取り、保険対応するように働きかけました。しかし、Aさんの保険対応が開始する前に、加害者は留置施設から出てしまい、対応が開始されませんでした。
その間、Aさんは自費で通院しており、我々の方では、その通院に関して監督していました。その後、加害者の保険会社がようやく対応したことをきっかけに示談交渉に進みました。

結果

Aさんの通院について、我々の方で監督し、後遺障害申請をした結果、後遺障害14級を獲得することが出来ました。そのうえで、加害者の保険会社が対応を開始したことから、無事に加害者側から損害賠償金を回収することが出来ました。
主婦であり、また14級を獲得していたことから、神経症状の14級としては相当程度大きな金額である約400万円を獲得することが出来ました。
保険対応されなければ、最終的に回収まで見込めるか不明であったことから、ほっと一安心でした。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-033-229 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-033-229
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ