不倫慰謝料 [事例4]

慰謝料500万円の請求に対し、交渉で200万円に減額成功

40代男性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求された側 500万円 ⇒ 200万円に減額

背景

Aさんは、職場の同僚女性から、夫婦関係が上手くいっておらず離婚を考えていると相談されたことがきっかけで親しく付き合うようになり、同居するに至りました。
しかし、その事実を知った女性の夫から、代理人弁護士を通じて500万円の慰謝料を請求されてしまいました。
Aさんは、自分自身で対応するよりも弁護士を頼んで話し合った方がよいと考え、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

弁護士がAさんから話を伺ったところ、Aさんと同僚女性が不倫関係になったのは同僚女性が夫である相手方と別居した後とのことでした。そのため、徹底的に争うのであれば、すでに相手方夫婦の婚姻関係が破綻していたので慰謝料の支払義務はないと主張していくことも考えられました。
ですが、Aさんとしては、「ある程度の金銭は支払ってもよいので、早期に解決したい」とご希望でしたので、上記主張を匂わせつつ、減額交渉を行いました。
ところが、相手方から、相手方夫婦が別居する以前からAさんとの交際を疑わせる事情があるとの主張がなされ、Aさんに確認したところ、それは間違いないとのことでした。
そこで、Aさんの意向を改めて確認したところ、「相手方から同僚女性(不貞相手)に対しては別途慰謝料を請求しない」などの条件を飲んでもらえるのであれば、「200万円までは支払っても構わない」とのことでしたので、改めてその方向で交渉を行いました。

結果

交渉の結果、最終的に、慰謝料200万円の支払で合意に至り、話し合いで解決することができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-033-229 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-033-229
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ